○○のなんで? 半夏生編

「半夏生(7月2日)にタコを食べる」

関西方面の風習でこの時期になるとスーパーは大量のタコが並ぶようです。
では何故、半夏生でタコを食べるのか?
気になりましたので調べました。

半夏生とは、夏至(6月21日)から数えて11日目と七夕(7月7日)までの5日間をさします。
農家の方は半夏生に入る前に田植えを終わらせるとされていて、半夏生を過ぎてしまうとその年の秋の実りが減ると云われています。(今はもっと早くに田植えが出来るようになり、この事にこだわる農家さんが減ってきているようです。)
田植えが終わり、神様に食べ物を捧げ豊作祈願をするその捧げ物の中にタコがあり、祈願後に農家の皆さんで食べた事が「半夏生にタコを食べる」という風習が出来たと云われています。

何故タコが捧げ物が選ばれたのか?その理由として

・タコの八本足のように四方八方に根がしっかり張るように。
・タコの吸盤のように稲も沢山実るように。

と云う説があります。
また実利的な面ではタコには疲労回復に効果があるタウリンが豊富ですので、もしかしたら長年の経験で田植えの後に食べると元気になると知っていたのかもしれません。

タウリンには疲労回復の他に肝機能強化・高血圧改善・心機能強化等があります。
但し、タコは消化に時間がかかる為食べ過ぎ注意です。

また他の地域ではうどんや鯖、きなこ餅を食べる地域があるようです。
皆さんも半夏生にタコを!・・・とは言わず、タコを食べて暑く疲れる夏を乗り切りませんか?

・・・余談ですが上記にも書きましたタコの八本足、実は「触腕」と呼ばれていて正確には「腕」でさらに細かく言うと「腕として使うのは六本、足として使うのは二本」と言われています。
さらに頭だと認識している丸い部分は胴体(お腹)で頭はちょっと飛び出た目のある周辺のようです。

水族館や食卓でタコが出た時、ちょっとした雑学を披露したら驚かれるかもしれませんね。

フォローする