○○のなんで? 重陽の節句編

9月9日は重陽(ちょうよう)の節句です。
(別名「菊の節句」)

全く聞いた事がないという方が殆どかと思われるこの催事は、桃の節句や端午の節句と並ぶ大事な催事なのです。

そもそも「○○の節句」は「五節句」と呼ばれ全部で五つあります。

1月7日・・・人日(じんじつ)の節句。七草の節句
*1月1日(元旦)は別格となり、7日を五節句として取り入れているようです。
3月3日・・・上巳(じょうし)の節句。桃の節句
5月5日・・・端午の節句。菖蒲の節句
7月7日・・・七夕(しちせき)の節句。笹の節句
9月9日・・・重陽の節句。菊の節句

「節句」とは「季節の節目の日」を指します。

節句発祥の地である中国には「陰陽思想」というのがあり、この世の全ては陰と陽で成り立っているという考え方で奇数は縁起が良い陽の数字、偶数は縁起が悪い陰の数字とされ奇数の並ぶ日付に邪気払い等の行事が行われるようになりました。

そして9月9日は奇数最大の数字「9」が二つ重なる為、「陽」が「重」なる日で重陽の節句と呼ばれるようになりました。

平安時代頃に中国から伝来してきた菊には長寿や邪気払いに効果があるとされ、前日の夜に菊に綿を被せ重陽の節句当日に夜露で湿ったその綿で体を拭き、お酒に菊を浮かべた菊酒を飲んだりしていたようです。また、宮中等で菊に関する歌合せや鑑賞会等の宴が開かれていたようです。   *奈良時代頃に伝来してきたという説もあります。

この日の行事食は、おひたしや天ぷら等に調理した食用菊に秋の味覚を使った栗ごはんや秋茄子がありますがもう一品つけて豪勢にするのもありだと思います。

おすすめは鰹です。

3月から5月にかけて獲れる「初鰹」と8月から10月にかけて獲れる「戻り鰹」旬が2回ある鰹。「初鰹」は脂が少なくあっさりめで、「戻り鰹」は「トロ鰹」と言われるほど脂が多いのが特徴です。

魚が持つ栄養価は勿論、鰹に含まれる鉄分は「ヘム鉄」と呼ばれ溶けやすく、吸収率も良いので貧血に効果が期待されます。

特に血合い部分には鉄分の他にタウリンやビタミンE等栄養豊富なので血合いが苦手な方でも是非食べて頂きたいです。

鰹は「初鰹」と「戻り鰹」で栄養価若干が違うのです。

「初鰹」は赤身が多くカロリーが低く筋肉を形成するタンパク質と骨と歯の健康維持を保つカルシウムが多く、「戻り鰹」は脂身が多いのですがこの脂のほとんどが不飽和脂肪酸高血圧、動脈硬化、血栓の予防効果にあるといわれています。

今の時期は「戻り鰹」になりますので、刺身で食べるのがおすすめです。

菊を眺めながら菊酒と共に美味しい鰹を味わいませんか?

フォローする