○○のなんで? ひな祭り編

3月3日は女の子の成長と健康を願う行事「ひな祭り」の日です。
しかし元は男女共通の行事だったそうです。

諸説ありますが、ひな祭りは中国の「上巳(じょうし)の節句」が原形と云われ、この日は厄日とされ「水辺で身を清め、厄災から免れる」という風習が平安時代頃に日本に伝わりました。
やがて草や紙等で作った人形に穢れを移し無病息災と厄を払い除けるという意味を込め、人形を川に流す「流し雛」が定着し今でも「流し雛」が行われている地域があるようです。

この「雛」という意味は平安時代の貴族の子女達の間で「雛(ひいな)遊び」という人形遊びが流行していた事から結び付けられたと云われています。

そして人形作りが発達し室町時代頃から「流す」から「飾る」に変わり、江戸時代頃には「雛遊び」が女性の生活の中に浸透していた事から幕府が3月3日を女の子の行事「ひな祭り」にしたと伝えられています。
あの豪華な雛人形と雛壇もこの頃からとされ、上流階級の嫁入り道具の一つとされたそうです。

さて、ひな祭りの食事と言えばちらし寿司等ですがその中に「蛤のお吸い物」があります。
何故、浅利や蜆ではなく蛤なのか?それも含めて今回紹介するのは「蛤」です。

*真ん中上に写っている貝が蛤です。

まず蛤含む二枚貝は日本では「お姫様」を表すとされ、さらに蛤は一枚ずつにすると他の蛤とは決して合わないという特徴があります。
この事から「一人の相手と添い遂げる」という良縁を結ぶ・女性の幸せの象徴する貝とされ、蛤は縁起物として定着したと言われます。
そういう意味があり浅利や蜆ではないという事がわかりました。

蛤の旬は2月~4月(特定の地域によっては9月という所もあります。)でミネラルやアミノ酸を多く含み、貧血・骨粗鬆症予防・筋肉強化・肌の調子を整える・疲労回復等に効果があると言われています。
他に動脈硬化や味覚障害予防等にも効果ありと言われてます。

今回、本当は「ひな祭りの飾りの意味」「雛壇に並べる人形の意味」等も書きたかったのですが長くなってしまうので泣く泣くカットしました・・・。

この記事で興味をお持ちになられた方は是非、興味深い事ばかりですので調べてみてください。

フォローする